みんなが元気に。会社も元気に。

社長メッセージ

おかげさまで昭和51年に創業以来、まもなく40周年を迎えます。当社と関わりのある全ての方に支えられ、ご支援いただきましたこと厚く御礼申し上げます。

当社の企業理念は「思いやりと感謝の気持ちをもって業務に精励し、創造と技術支援で社会発展に貢献する」としています。

その想いは創業以来現在まで引き継ぎ、お客様への感謝の気持ち、そして働く人を想う気持ちがOPCの原点にあります。起業当時より手掛けております海外・国内の各種建設プロジェクトへの技術支援を中核にして、そのさまざまな経験を生かしながら開発途上国へのODA事業の参加、そして人材派遣分野へと広げてまいりました。

また近年においては、スマートフォンに代表されるモバイル通信設備構築に欠かせない基地局建設工事の業界も成長分野と位置付け、通信インフラ建設の発展に企業協力しております。仕事を通じて地域社会に貢献し、これからも「人」と「企業(お客様)」に喜んでいただける会社づくりを目指してまいります。

これからも、OPCにご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役 下條忠春

OPCの歴史

OPCは、1976年(昭和51年)プラント建設向け設計、資機材納入、技術者・専門家による業務支援を目的に「オーバーシーズ プラント コンストラクション アンド サービス株式会社」として設立されました。設立当初から海外の各種プラントで働く技術者支援企業として数多くのプロジェクトに関わり、そのネットワークが大きな資産になっています。

1984年(昭和59年)には、事業の拡大に沿って会社名を現在の「オーピーシー株式会社」に変更しました。また1986年(昭和61年)には一般労働者派遣事業の許可を取得し、平成5年には土木・建築の調査・設計を目的に、新しく技術部門を開設しました。

平成6年には一級建築士事務所登録し、平成15年には有料職業紹介業の許可を取得しました。時代の変化を感じ、企業ニーズに対応することで、そのサービス内容は日々進化し続けています。

OPCの強み

弊社は設立当初から、JICAといった海外と結びつきの深い団体と友好的な関係を築き、密に連携しながらビジネスを推進してきました。そこには、"人間同士の信頼関係"こそが、仕事の重要な要素であるという考え方があります。

当時と比べるとビジネスのフィールドは大きく拡大しましたが、基本的なスタンスは変わりません。"何ができるのか""何がしたいのか"を共有し、ベストな機会を創造し、最高のパフォーマンスで信頼を勝ち取っていく。それは、どの仕事でも通じる不変的な真理であり、OPCのDNAでもあるのです。

進化し続けるOPC

自己成長できる魅力的な職場を発掘し、それにふさわしい人材に提供することで、企業と人材がWINWINの関係になる。それが、OPCの成長エンジンです。そのために、OPCは世の中の動向に常にアンテナを張り、新しい人材を獲得するための努力をし続けています。

特に社の歴史と重なる海外部門については、魅力的な案件の発掘と優秀な人材の獲得をさらに強化していきます。OPCは、常に進化し続けています。

PAGE TOP